*

知ってるととても便利「チップ」

スクリーンショット 2016-03-24 18.53.51

チップは日本にはない習慣なので戸惑うことも多いとおもいます。チップはいつ、どれくらい必要なのか、ということを状況に合わせてご説明していきます。

レストラン

基本的には料金の15%~20%が相場です。高級店や特にいいサービスを受けた場合には20%にします。端数は切り捨てるのが普通です。払い方はレストランを出る時にチップを置くか、クレジットカードの場合伝票にチップの欄があるので、そこに金額を書いて支払います。

タクシー

基本的には料金の15%~20%が相場です。荷物が大きかったり、運んでもらったりした場合はすこし多めにチップを渡すといいと思います。

美容院

美容師さんには金額の15%~20%を会計時に渡します。

ホテル

ポーターに荷物を運んでもらった時は1ドルのチップを支払います。ルームメイドには1ドルから2ドル程度ベットのサイドテールに置きます。またルームサービスですが、伝票にサービス料が加算されている場合はチップは必要ありませんが、そうでない場合はルームサービスの金額の15%~20%が相場です。

NYダンススタジオ比較レポート

スクリーンショット 2015-09-19 6.45.24

無料配信中!!

NYの人気の3つのダンススタジオ「BDC」「STEPS」「PERIDANCE」を比較した
「ダンススタジオ完全比較レポート」を無料で配信中!!こちらからお申し込みください。

  • NYダンス留学

    NYで人気のダンススタジオ 『BROADWAY DANCE CENTER』『STEPS』『PERIDANCE』
    完全比較レポート無料配信中

  • 代表者ごあいさつ

    スクリーンショット 2015-09-18 15.18.34

    リビングアメリカ代表の和田です。私たちはアメリカ・NYで「モノになる」ダンス留学のサポートを提供している会社です。ダンススタジオ、滞在先、語学学校の紹介、そして現地サポートまで一貫したサポートで皆さまの「夢」を応援します。